2015年8月2日日曜日

役得


本日の現場は、名古屋フィルハーモニー交響楽団ヴァイオリン奏者、森 亘氏を招いてヴァイオリンのダビング・プログラム。

初見の楽譜をあっさりと弾きこなす様は、「さすが!」の一言以外見当たりません。

プログラミング(打ち込み)ではけっして出せないフィール。
素晴らしい演奏を、間近で体感することができるエンジニアという職業。

役得、です。