2016年8月9日火曜日

カレッジ・クラブ・バンド



本日の現場は、名城大学のバンドサークル世界民族音楽研究会、通称“世民研“に参加しているカレッジバンド「ゼローネ」の新作音源制作プログラムでした。

画像は、ドラム・エレキベース・エレキギターを同時録音している作業風景をスナップ撮影した写真です。

神宮前レコーディングスタジオでは、サブブース(アンプを鳴らす場所です)が、メインのライブルームの他に2つあります。
そのサブブースを使用して、ドラムスのマルチマイクに他の楽器音が混入することないクリーンなサウンドを収録することができます。

「ゼローネ」のみなさんは、今回がレコーディング初体験ですが、順調に進行中です!!

【ゼローネ Twitter】

https://twitter.com/_zerone01